盲導犬の寿命について

「盲導犬はストレスが多くかかるため短命だ」と言われていますが、そんなことはないのはご存知ですか?

大体、盲導犬に多い犬種のラブラドール・レトリーバーの平均寿命は、12~13歳という調査結果があります。

実は、盲導犬も同じく平均寿命の13歳、もしくは1歳程長いという調査結果が出ています。

その理由として、盲導犬候補として産まれた時から、協会や繁殖ボランティア、パピーウォーカーによって、規則正しい食事や定期的な健康診断などの健康管理がしっかりとされているからです。

そして盲導犬になってから引退までの10歳近くまで、その健康管理は変わりません。

ユーザーさんは毎日一緒に生活している為、ハーネスから伝わるパートナーの異変にすぐ気づいたり、協会からも定期的に訪問があるため、健康管理、衛生管理がとてもしっかりとされています。

また、ストレスに関しても、普通の家庭犬よりも、常に大好きなユーザーさんのそばにいることが出来、離れるストレスがかかりません。ハーネスを外せば、普通の家庭犬のように、家族でゆったりしたり、遊んだりもするため、逆にストレスは少ないと言えるでしょう。

引退後も、老犬ホームや、リタイヤウォーカーさんによって、余生をゆっくりと暮らします。

このように、盲導犬の一生は、たくさんの方からの愛情を注がれ、大切に育てられているため、平均寿命よりも長生きなのです。

 

 

 

 

 

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。