ボディケアその③歯磨き実践編

今すぐできる自宅での犬のハミガキ

北海道盲導犬協会の獣医師さんに、おうちでできる歯磨きのコツを聞いてきました!

色が変わっているくらいなら、脱脂綿でOK

歯の表面を脱脂綿でこすります。

小さくカットしておくと、指で歯を包み込むように拭けるので便利。

奥の方は口をめくって、歯を確認しながら。

血が出るようなら歯槽膿漏用の歯磨き粉がおすすめ

歯茎が弱っていると、血が出てきたりします。

そんなときは犬用の歯磨き粉や、人間用の歯槽膿漏用ハミガキ(デントヘルスなど)でも良いそう!

我が家のつぼみは、主にこちらを使っています。

ウェットティッシュ状になっていて、指に巻きつけて爪で細かいところを拭うことができます!

頑固な歯石になってしまったら、病院へ

歯石になってしまったら、拭うだけでは取れません。

ひどくなる前に病院へ!あまりにひどい場合は麻酔を必要とするので、軽いうちに行くのがおすすめです。

つぼみも小さくついていたので、ちょちょっと取ってもらいました!

尖った歯石取りを使うので、抑える人が必要です。となるとこれを家でひとりで…というのは難しそうですね💦

口臭が気になったら、まずは病院で診てもらいましょう!


\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。