東日本盲導犬協会《大型車両を入れ替えたい!》クラウドファンディングのご紹介

東日本盲導犬協会さまが、2020年1月15日よりクラウドファンディングを行っています。

活動に欠かせないワンボックス車両の入れ替えが目標

盲導犬ユーザーに笑顔を!ワンボックス車両の入れ替えがしたい。

クラウドファンディングで集まった支援は、導入から18年以上、走行距離は10万キロを超えている車両の入れ替えのために使われます。

  • 3,000円〜300,000円までの税額控除対象のコース
  • かわいいグッズがリターンの5,000円と7,000円のコース
  • お散歩体験やケンネル体験(犬のお世話が体験できる!)コース

など、多彩なコース設定になっており、目的や金額に合わせていろいろ選ぶことができます。

盲導犬の育成=視覚障がいの方の笑顔を増やすこと

プロジェクトページは、協会の方の熱い想いが感じられました。

みなさんのご支援で「ワンボックス車両」が購入できましたら、

◎盲導犬の訓練に活用して、一頭でも多く盲導犬ユーザーへ盲導犬を届けるために
◎ 盲導犬ユーザーのフォローアップのために
◎ 盲導犬のことを正しく理解してもらう啓発のために

社会からの贈りものである盲導犬を育成し、盲導犬ユーザーに笑顔を届けるため、
大切に使わせていただきます。

盲導犬は、視覚障がい者の歩行手段であると同時にユーザーの心の支えでもあります。
盲導犬・視覚障がいについての正しい知識を社会の皆様に持っていただき、障がいの有無を問わず、誰でも心地よく暮らすことのできる社会の実現を目指して活動を続けてまいります。

これからも、支えてくださる方々の想いと一緒に走り続けるために、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

ユーザーさんの声なども掲載されているので、クラウドファンディングに興味がなくても読み応えがありますよ!

盲導犬の啓発活動や訓練、ユーザーさんのフォローアップなどに必須の大型車両。
プロジェクトが成功して、届くと良いなと思いました。

興味のある方はこちらから!👇

盲導犬ユーザーに笑顔を!ワンボックス車両の入れ替えがしたい。

募集期間は3月16日まで。

 

 

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。