関西盲導犬協会 初の小中生向け講習会(京都)

毎日新聞の記事です。

以前、関西盲導犬協会からのお知らせでご紹介していた「夏休みの自由研究をお手伝い~盲導犬の訓練について知ろう~」が、8月に3回行われました。

子どもたちに目の見えない人、見えにくい人と盲導犬の生活について学んでもらおうと開催し、3日間で子ども19人と親21人が参加しました。

講習では、アイマスクをつけて模擬体験、協会施設の見学。

後半はラブラドール・レトリバーなどの大型犬と対面し、「盲導犬になれるのは3割程度」との説明を受けたり、実際に外の道路を背中にハーネスをつけた犬との歩行体験もしたそうです。

記事はこちら

http://mainichi.jp/articles/20160827/ddl/k26/070/440000c

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。