繁殖犬ボランティア体験記・交配から受胎確認まで

我が家で預かり中の繁殖犬『つぼみ』が、このたび受胎しました!

繁殖犬ボランティアとは

繁殖犬ボランティアとは、盲導犬候補となる仔犬を産む母犬を育て、出産からパピーウォーカーさんへ委託するまでの期間仔犬を育てるボランティア(※1)です。

 

シーズン(ヒート、犬の生理)開始が2019年3月17日。

通常3〜4週間ほどのシーズン期間ですが、つぼみは変則的なタイプで、ダラダラと1ヶ月以上続きます。

それでも異常があるわけではないので、人間と同じく、犬にもさまざまな周期があるのですね。

交配は4月30日と5月2日の2回、おなじ繁殖犬と自然交配だったようです。

エコーで受胎確認

5月22日に、一日預かりでエコー診断していただきました。

めでたく受胎していました!このときのベビーの大きさが約9mm

4頭がしっかり確認できました。

そして貧血気味ということで、鉄剤を。毎朝のごはんに混ぜて飲ませます。

管理人
薬でもなんでも丸のみするラブラドール、投薬にはなんの心配もありません 笑

ちょっと気怠げなつぼみさん。かなり長期間協会預かりだったこともあり、お疲れかしら?

犬の妊娠期間は約2ヶ月

妊娠初期、人間と同じく過激な運動(飛びつき、ジャンプ、水泳など)はできません。

でもお散歩でどんどん動くことが、難産の予防になるそうです。

もともとまったりのんびりしたタイプなので、いつもどおりの生活を。

あっという間に出産予定日を迎えそうです(笑)

管理人
これから繁殖犬ボランティア体験記として、経過をアップしていこうと思います!
※1 協会によっては出産だけとなる場合もあります。


\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。