盲導犬と余生も一緒に(愛知)

東京新聞の記事です。

「施設に入っても、盲導犬と一緒に過ごしたい」という声が多く寄せられていたため、中部盲導犬協会は自ら経営する、高齢の視覚障害者が、連れ添った盲導犬と一緒に余生を過ごす全国初の特別養護老人ホームが来年四月、愛知県新城市にオープンします。

別棟には、引退して飼い主と別れた高齢の盲導犬を預かる「老犬ホーム」も設けます。

また、市民が犬と触れ合える「ドッグカフェ」や「ドッグラン」も設け、盲導犬への理解を広げるそうです。

記事はコチラ

 

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。