パピーウォーカーとしての1年(大阪)

毎日新聞の記事です。

「パピーウオーカー」という、生後2カ月程度の盲導犬候補の子犬と1年間一緒に生活するボランティア。

盲導犬候補の子犬が、一般家庭で暮らすのは、社会の基本的なルールを覚え、人との生活に慣れるためです。

その期間愛情いっぱいに育てて、訓練へと送り出すのが「パピーウオーカー」のお仕事です。

1年という長くも短くもある期間をどのように一緒に過ごしたのか。経験した方の記事がありました。

パピーウォーカーに興味をお持ちの方には、ぜひご覧になっていただきたいです。

記事はこちら

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。