車椅子から義肢、盲導犬も。Appleが障がいに関する絵文字を提案

GIZMODOのニュースです。

Apple(アップル)はUnicode Consortiumに対して13種類の障がい者に関連する絵文字を提案しました。

盲導犬や杖を持つ人、車椅子、手話、補聴器、義肢や義手が含まれるそうです。

Appleはこの提案において、アメリカの全盲協会や脳麻痺基金、聴覚障がいの全国協会と協力。

今後に注目です。

記事はこちら

https://www.gizmodo.jp/2018/03/emoji-new-diversity.html

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。