盲導犬の引退 リタイア後も幸せに

T-SITEの記事です。

視覚に障害をもつ方にとって、外出するためのパートナーである盲導犬たち。

盲導犬は単なる使役動物ではなく、あくまで犬であることを前提に、一生を送るようにケアされています。

誕生からパピーウォーカーのもとへ、そして訓練センターへ。訓練が終わると、ユーザーのもとへ。

盲導犬に関わる人は、皆犬の幸せと健康を考えて、適切なケアを行います。

引退後は、ユーザーさんも盲導犬の行く末を案じますので、ボランティア家庭などから盲導犬協会を通して、様子が報告されます。

最期まで、人間の愛情を感じて、盲導犬は一生を送るのです。

盲導犬が大切に育成され、最後まで幸せに暮らすための費用は、90%が寄付によってまかなわれています。

盲導犬協会の賛助会員になる、好きな金額を寄付する、募金箱を利用するなど、個人でもできることがありますので、支援を検討してみるのもいいですね。

 

記事はこちら

http://top.tsite.jp/news/pet/o/38416122/index

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。