盲導犬の役割知って 普及団体、歩行体験会でPR

上毛新聞の記事です。

視覚障害者の生活向上を後押ししようと、日本盲導犬協会(東京都)は盲導犬の歩行体験や説明会を通じて普及に取り組んでいます。

盲導犬の良さが視覚障害者に十分に伝わっていない面があるとし、一歩踏み出す勇気を与えようと動き始めています。

 

先月、神奈川訓練センター(横浜市)が3頭の盲導犬を連れ、群馬県立盲学校高等部の生徒や教員を対象に歩行体験会を行いました。

同協会ユーザーサポート部の方は「正確な情報を伝え、自分にも持てるかなと思っている人に一歩を踏み出してもらいたい」と話しています。

 

視覚障害者の関連団体に体験歩行への参加を呼び掛けています。

記事はコチラ。

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/16460

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。