盲導犬を貸出 外出するきっかけに(広島)

産経ニュースの記事です。

視覚障がい者の社会参加を促そうと、広島県は視覚障がい者の夫婦に盲導犬「エンター」を貸し出しました。

エンターは雄のラブラドール・レトリバーで、2歳6カ月。

ご夫婦はこれまで約9年、盲導犬と暮らしていたが、定年を迎えたため新たに貸し出しを受けました。

2人でエンター1頭を利用するそうです。

安心して充実した社会生活を送れるような取り組みだと思います。

記事はコチラ

http://www.sankei.com/region/news/171212/rgn1712120052-n1.html

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。