盲導犬前年より減少 日盲社協調査

毎日新聞の記事です。

日本盲人社会福祉施設協議会の調査で、実働の盲導犬は951頭で前年度より15頭減。

育成数は134頭で6頭減、3年ぶりに140頭を切っています。

相次ぐ事故を受け、犬のレベルを上げるために合格基準を見直したり、訓練士が鉄道事業者へ視覚障がい者への対応を教えに行くために多忙になった事が、育成数が減った理由と考えられます。

記事はコチラ

https://mainichi.jp/articles/20170629/ddw/090/040/012000c

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。