受刑者育てた候補パピー、協会へ(島根)

毎日新聞の記事です。
 
官民共同運営の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」で、23日受刑者が育てた盲導犬候補のラブラドールレトリバー6頭が日本盲導犬協会に引き渡されました。
受刑者によるパピー育成プログラムは8期目。
6頭のうち、5頭は隣接する協会の訓練センターで盲導犬になるための本格的な訓練を受け、1頭は神奈川訓練センターで繁殖犬になるそうです。
 
記事はこちら
http://mainichi.jp/articles/20170124/ddl/k32/040/447000c

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。