盲導犬協会などが機器開発 距離測定、歩行サポート(神奈川)

産経新聞の記事です。

日本盲導犬協会は、視覚障害者や聴覚障害者の歩行をサポートするため、障害物との距離を測定する福祉機器の開発を、メーカーと進めており、早ければ来年4月には発売される予定です。

開発中の福祉機器はマイクロ波を発信して2メートル以内にある物を感知し視覚障害者に音と振動で知らせるそうです。

記事はこちら

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000035-san-l14

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。