京都に盲導犬の新しい訓練施設が完成

新しい訓練棟は木造平屋建て(一部2階建て)で、広さは旧犬舎の約2倍の延べ約550平方メートル。柱や床などに杉やヒノキなどの木材を使い、「木香(もっか)テラス」と名付けられた。

犬が広いスペースで自由に過ごせる訓練施設は、世界的にも珍しいそうです。

記事はこちら『盲導犬の新しい訓練施設が完成 育成増に期待、見学会も

\いいね、待ってます!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。